Aeroflo Core

エアロフロコアには、より軽いコア材質で埋められた楕円形状の穴がある。これが一般的な非対称形状ボールよりもより高いRG値を生み出している。下に配置されたフリップブロックが、高いトータルディファレンシャルを確保するが、重要となるY軸側の切込みがなければ、中間ディファレンシャルはたったの0.007だった。

ピンから6-3/4インチのところに戦略的に配置されたZ軸上のくぼみは、バランスホールと同じような効果を生み、中間ディファレンシャルを有効な値に調整する。中間ディファレンシャルとディファレンシャルの正確な比率が、ドリルし易く、意図通りのリアクションを提供する。

RG 2.52(15LBS)

ディファレンシャル 0.054 (15LBS)

中間ディファレンシャル 0.019 (15LBS)

フレアポテンシャル 6″+(High)

1件の結果を表示中