ストーム ボウリング

EPIC CRUX

信頼性の高いパフォーマンスでボウラーの心を掴んでいるクラックスシリーズが約1年振りに復活!

転がりに持続性があり、やわらかいピンアクションを得ることができます。

BOWLING BRAND: STORM-ストーム
Core: Catalyst Core
Coverstock: GI-18 Solid Reactive
Use: Heavy Oil, Medium Heavy

カテゴリー:

説明

EPIC CRUX エピック・クラックス

長年に渡り信頼性の高いパフォーマンスでボウラーの心を掴んでいるクラックスシリーズが約1年振りに復活!

今回も内臓されている[カタリストコア]は時代の先駆けのごとく最先端の仕様になっており、レーン全体を通しての一定の転がり感は、オイルに左右される様な急激な変化がないので信頼性が高いボールとして高い評価を得ています。

新作【エピック・クラックス】[GI-18]ソリッドをカバーストックに使用し、軸移動は大きく、立上りは早めですが、バックエンドでは継続性のある転がりで柔らかいピンアクションが得られます。

基本ソリッド素材ですのであまりレーン幅を大きく使うより狭くラインを取る方が有効な製品に仕上っています。

ボール軌道イメージ

EPIC CRUX

ボールテスト

EPIC CRUX

テスター石原プロ ボール総合評価

カタリストコアの最大特徴は、非対称コアの中でも対称コアに非常に近い事で、慣性数値以上に早い段階での転がり感と持続性が得られます。

今回もその点については継承されていますので、持続する転がりからくる安定感がとても高いと感じました。

ここがポイント

GI素材の最大特徴はレーン手前のオイルに対して強いのですが、前作GI-20とは違い、GI-18は適度な直進性能があります。

カタリストコアとの融合では回転力が継続性をもたらすのでフレア1本1本の間隔は広くボールの立上りも早めですが、ストロングアーク状に大きく曲がりが得られます。

素材ベースがソリッドなのでバックエンドの曲がり幅は中間ですが、どちらかと言うとレーン幅をあまり取らないライン取りの方が有効な使い方が出来ます。

またGI素材はオイルの段差もあまり感じずらいので失投幅も広いのが特徴ですね。

ピンアクションにおいても柔らかいピン飛びで使い易さは非常に高レベルです。

表面が2000番なのでスピードがある方には最適ですね。

仕様

カバーストック Gl-18 ソリッドリアクティブ
コア カタリストコア
RG 2.500 (15lbs)
ディファレンシャル 0.052 (15lbs)
マスバイアス差 0.017 (15lbs)
フレア 6″+
硬度 73〜75
ブラック+ライム+パープル
表面仕上げ 2000グリッドアブラロン
取扱ウェイト 12~16ポンド
フレグランス ルートビールフロー

軌道動画