ロトグリップ

WILD STREAK

多くのリクエストに応え開発された「ロータリー」コアの改良版、「ミューテイテッド・ロータリー」コアを採用した新シリーズ。

第1弾は、新配合の「シュアトラックスーS19」を搭載した「ワイルドストリーク」。扱い易さ抜群の製品に仕上がっている。

 

BOWLING BRAND: ROTOGRIP-ロトグリップ
Core: Mutated Rotary Core
Coverstock: Sure Trax-S19 Solid Reactive
Use: Medium Heavy, Medium
商品カテゴリー:

説明

WILD STREAK ワイルド・ストリーク

新型ウェイトブロック[ミューテイテッド・ロータリー]コアは、よりスキッドが長く奥での曲がりが大きな製品をHP-3ラインに加えることをコンセプトに長期にわたり計画、開発された高RGの最新型コアです。

新開発[シュアトラックスS19ソリッド]カバーはロトグリップの新配合カバーストックで、化学的に摩擦を高めたこの配合は[Éトラックス]よりも高いトラクションを提供しますが、[マイクロトラックス]ほど手前からキャッチしない材質です。

【ワイルド・ストリーク】はミディアムヘビーからミディアムコンディションで、ロトグリップHP-3ラインで人気のアイドルシリーズと同様にコントロール性は高く、加えて大きなバックエンドモーションを持つ秀逸な製品です。

ボール軌道イメージ

WILD STREAK

ボールテスト

WILD STREAK

テスター石原プロ ボール総合評価

新コア[ミューテイテッド・ロータリー]コアは前進力に優れますが滑る感じは無く転がりながらミッドエリアに入るのでブレイクポイントからも急激な軌道変化はせず、見易いストロングアークの曲り方を演出します。

これぞROTOGRIPの真髄という動きで、決して大きく曲がる訳ではありませんが抜群に扱いやすいですね。

私にはどちらかと言うとアウトサイドからの投球が一番適していました。

ここがポイント

ロトグリップのHP-3ラインはアイドルの時も感じましたが、テストし始めは特長が目立たず、派手なリアクションでは無いのですが、投げ込んでいくうちにレーン変化に対する対応のし易さが明確になってきます。

新作【ワイルド・ストリーク】は表面が若干サンド気味なので第一印象はオイルが無いと厳しいイメージですが、薄めのオイルでも直進性が高く軸移動も細かいので余りオイルには敏感ではありませんでした。

曲り幅こそ大きくはないのですがストロングアーク状の曲りは10本倒すには十分なアクションを起こします。

このソリッド素材は長い時間帯の使用が可能ですね。


仕様

カバーストックシュアトラックス-S19ソリッドリアクティブ
ミューテイテッド・ロータリーコア
2.600 (15lbs)
ディファレンシャル0.048 (15lbs)
マスバイアス差N/A
フレアミディアム~ハイ
硬度73~75
パープル/グレイ/ブラック
表面仕上げ3000グリット・パット
12~16ポンド


軌道動画