ストーム ボウリング

TIMELESS TOUR

高い反発係数とフックポテンシャルを共存させるデュアルドライブ・ウェイトブロックに、今回はR2Xハイブリッド・カバーを搭載。
手前から噛みすぎたり奥まで行き過ぎたりすることがない絶妙な摩擦レベルがデュアルドライブにマッチ!

BOWLING BRAND: STORM-ストーム
Core: Dual Drive
Coverstock: R2X Hybrid Reactive
Use: Medium
商品コード: P01118 商品カテゴリー:

説明

TIMELESS TOUR タイムレス・ツアー

新作<タイムレスツアー>でシリーズも四作目(ドライブを含めて)になりますが、ストームでも摩擦係数が低めのR2ベースが多く使用されており、[R2S]より少しアグレッシブな[R2Xハイブリッド]を用いているため手前から噛みすぎることなく、そして奥まで行き過ぎることもない初代よりやや強めなパフォーマンスを発揮します。
本質的にウェイトブロックの中にもう一つのウェイトブロックがある構造の[デュアルドライブ]コアは高速回転とピンへの高い伝達力を兼ね備えているのが特徴で、軸移動が細かく、立上りは早めですが曲り初めからアーク状にピンに寄って行くイメージのボールモーションを創り出します。
そのため投球ラインが見つけやすく、ボールが激しく動かないのでメンテ仕立てのレーンやバックエンドがハッキリしているコンディションでは抜群な効果を発揮してくれることでしょう。

ボール軌道イメージ

TIMELESS TOUR

ボールテスト

TIMELESS TOUR

テスター石原プロ ボール総合評価

初代がR2Sハイブリッド、二代目がR2Xパールで、前作DRIVEではR2S+NANOハイブリッドを用い進化していますが、今回はR2Xハイブリッドという事で初代に近い印象がありました。
デュアルドライブコアの特長はバックエンドでの曲り方ですが立上りは早めですがアーク状の曲りが継続的になるので強いヒピン飛びが得られます。

ここがポイント

4代目はR2X HYBRID素材ですが、投げていてこのシリーズが他との違いを感じるのはレーン手前の適度な転がりと立上り時の軸のブレが少ない事ですが、アーク状の曲りが継続するのでドミネーションにも似た投球ラインが得られます。
適合レーンコンディションは私が感じるのはミディアムドライ系が良く、特にバックエンドが切れている引き立てのレーンでは良い印象が得られますね。
入射角度が良いとピンアクションが良いと感じる方が多くいると思いますが、この製品を投球すると軸移動と転がりが大きく影響する事を改めて認識させられます。
両手投げの方だけでなく片手の方でも扱い易さを感じられる製品だと思いますので是非まだデュアルドライブを体験していない方は使用してみて下さい。


仕様

カバーストックR2Xハイブリッドリアクティブ
コアデュアルドライブ
RG2.570 (15lbs)
ディファレンシャル0.050 (15lbs)
マスバイアス差
フレア 5″‐6″
硬度73-75
チェリー/プラチナ/ブラック
表面仕上げ1500グリット・ポリッシュ
取扱ウェイト12~16ポンド
フレグランスホワイト・サングリア


軌道動画