ロトグリップ

RST X-3

大人気の「RST」シリーズに、「RST X-3」が登場!

「MicroTrax™ ハイブリッドリアクティブ」を新しい「4K Fast」フィニッシュで仕上げたカバーを採用し、適度な走りからコントロール性の高い大きなバックエンドリアクションを提供。

BOWLING BRAND: ROTOGRIP-ロトグリップ
Core: RST Core
Coverstock: MicroTrax Hybrid Reactive
Use: Medium, Medium Heavy

カテゴリー:

説明

RST X-3 アールエスティー・エックススリー

適度な走りからコントロール性の高い大きなバックエンドリアクションを提供する「RST X-3」の登場です

中慣性のRSTコアは回転維持力が高く、バックエンドでの曲がり幅の広さが強調されています。

必要に応じた投球ラインに対し、安定したパフォーマンスが可能なボールです。

オイルに強いのですが、適度な走りもあり、センターコンディションでは最高の武器になること間違いなしのボールです。

ボール軌道イメージ

RST X-3

ボールテスト

RST X-3

テスター石原プロ ボール総合評価

最近のROTOGRIP はインパクトが強烈な製品が多いですね。

このシリーズは初代RST から多くの反響を得ていたシリーズですが、今回MICRO TRAX を使用した事で適度なスキッドが得られ、中慣性ですが回転維持力もあるRST コアとのマッチングがバックエンドを強調しています。

曲がり方はブレイクポイントでの減速も見えるのですが、ピンに寄って行くような扱い易い曲がりの印象がありました。

終わらないような持続性ある曲がりが特徴ですね。

ここがポイント

RST シリーズ全製品に言えると思いますが、ATTENTION との使い分けは、手前のオイルが比較的に薄ければRST の方がポケットに収まりが良く、バックエンドで角度を付けたい場合はアテンションといった感じでしょうか。

RST の方がアーク状の曲がりが得られますが曲がり幅は同じ位です。

インサイドラインを好むボウラーにはRST の方をお薦めしますね。

やはりRST コアの最大の武器はその回転維持力ですので、高回転ボウラーにはぜひ試して欲しいですね。

仕様

カバーストック MicroTrax™ ハイブリッドリアクティブ
コア RST™ コア
RG 2.530(15lbs)
ディファレンシャル 0.053(15lbs)
マスバイアス差 0.016(15lbs)
フレア High
硬度 73-75
イエロー/スモーク/グレープ
表面仕上げ 4Kファースト・フィニッシュ
取扱ウェイト 12~16ポンド

軌道動画