ストーム ボウリング

PHAZE III SE

「フェイズ」シリーズ最新作は、あの「NRGソリッドリアクティブ」カバーを採用した「フェイズ III SE」。

ポリッシュ加工により扱いやすく、安定性能抜群の製品に仕上げられている。

 

BOWLING BRAND: STORM-ストーム
Core: Velocity Core
Coverstock: NRG Solid Reactive
Use: Medium Heavy, Medium
商品カテゴリー:

説明

PHAZE III SE フェイズ III SE

【フェイズⅢ SE】は、ナノ粒子混合素材NRGでも特にオイルに強いソリッド成分をベースにした[NRGソリッド]カバーをポリッシュ仕上げにすることで、直進力もカバーした製品です。

[GI-17ソリッド]カバーを纏った前作「フェイズゼロ」ほどはオイリー向きとは言えませんが、「フェイズII」で使用された[TX-16]、そして初代[フェイズⅢ]で使用された[R3Sハイブリッド]よりも更に安定感が増し、大きな軸移動でも扱いやすさが感じられる仕上がりとなっています。

ハウスコンディションやヘビーからミディアムの幅広いコンディションで威力を発揮し、レーン手前から中盤にかけての充実した安定感が低回転の方から高回転ボウラーまで扱いやすさを感じていただける製品です。

ボール軌道イメージ

PHAZE III SE

ボールテスト

PHAZE III SE

テスター石原プロ ボール総合評価

【PHAZEⅢ SE】はオイルに強いナノ素材を添加した[NRG ソリッドリアクティブ]カバーですが、表面加工をポリッシュする事で軌道には安定性能が発揮され、少しオイルの少ない状況で荒れているレーンでは抜群の効果を発揮します。

滑る感じが少ないのでブレークポイントも一定する印象です。

ここがポイント

[ベロシティコア]搭載の新作フェイズをテストしていつも感じる事は、レーン手前から中盤までの軸移動(フレアポテンシャル)が大きいのに、一定の間隔で起上りを見せ、抜群の安定性を持っています。

このことによりボウラーにとって色々なレーンコンディションで対応し易く使える幅が広いのです。

更にオイルに強い素材をポリッシュする場合、ドライ部分での過敏な反応も無いのでバックエンドコントロールも容易です。

難易度の高いレーンコンディションでの適応力はもちろんですが、センターコンデション向きのボールにも仕上がっていると感じました。

ピン飛びも素晴らしい製品です。


仕様

カバーストックNRGソリッドリアクティブ
コアベロシティコア
RG2.480 (15lbs)
ディファレンシャル0.051 (15lbs)
マスバイアス差
フレア5~6インチ
硬度
サファイア/オブシダン/オーキッド
表面仕上げ1500グリットポリッシュ
取扱ウェイト12~16ポンド
フレグランスアップルベリー・クリスプ


軌道動画