ロトグリップ

HALO

開発に1年を費やした「セントラム・コア」を搭載したHP4ライン新シリーズ第1弾、「ヘイロウ」。
カバーストックには「アイドル」にも使用されたロトグリップの最強カバー「マイクロトラックスS18」を採用し、最もヘビーなコンディションをも破壊するボールが完成。

BOWLING BRAND: ROTOGRIP-ロトグリップ
Core: Centrum Core
Coverstock: MicroTrax-S18 Solid Reactive
Use: Heavy Oil
商品コード: P06065 商品カテゴリー:

説明

HALO ヘイロウ

ロトグリップ社が一年以上研究開発に費やし完成させた[セントラム]。開発コンセプトとなったのは回転数そして動き出してからの持続性を高めること。
開発チームはそれを具現化する為、ロトグリップがこれまで発表した中で最も強いソリッドカバー[マイクロトラックスS18]の開発も同時期に進め、アイドルに先行使用し大成功を収めました。そしてついに完成した最もヘビーなコンディションを破壊するために作られたボールがこの<ヘイロウ>です。
初代ハイパーセルや初代ノールールが気に入っている方であれば、このボールは絶対に見逃せない製品です。同じようなモーションを見せるこのボール、違いはより強くなったことだけです。

ボール軌道イメージ

HALO

ボールテスト

HALO

テスター石原プロ ボール総合評価

開発コンセプトで一番重視している事は、レーン中盤から後半に消耗しやすい回転を助け、継続的に力強いアーク状の曲りを出す事です。
マイクロトラックスとセントラムコアの組合せは、全体的にはオイルに強いのですが投げ難さを感じさせず、使い易いROTOGRIPの良い所が継承されているボールです。

ここがポイント

新開発コアには過去のROTOの歴史で学んだボウラーの弱点を克服するコンセプトが随所に見られます。
レーン手前での転がりはレーン中盤にかけてオイルに強めの物は無駄な摩擦を起こし易く、ブレークポイントからの回転や軸移動にマイナス面を出していました。
新作HALOは無駄な動きを極力少なくピンヒットする事で強く継続的な動きが得られます、大ヒット作CELLにも似てる動きがしましたが新素材はオイルに程よく強いので投げ易いです。


仕様

カバーストックマイクロトラックスS18リアクティブ
コアセントラムコア
RG2.490 (15lbs)
ディファレンシャル0.050 (15lbs)
マスバイアス差0.018 (15lbs)
フレアHigh
硬度73~75
コール/フクシア/スカイブルー
表面仕上げ2000グリット・パッド
取扱ウェイト12~16ポンド


軌道動画