ロトグリップ

DAREDEVIL DANGER

アメリカで大ヒット中のデアデビル・シリーズ最新作は、サイクト・ハイブリッドリアクティブ・カバーを搭載した「デアデビル・デンジャー」。
適度な走りから適度な曲がりを見せるそのリアクションは、様々なスタイルのボウラーに適応するベンチマークボール。

BOWLING BRAND: ROTOGRIP-ロトグリップ
Core: Madcap Core
Coverstock: Psyched Hybrid Reactive
Use: Medium
商品コード: P06054 商品カテゴリー:

説明

DAREDEVIL DANGER デアデビル・デンジャー

プロの高評価を得ているデアデビルシリーズの三作目<デアデビル デンジャー>が世界発売となります。
カバーには過去のデアデビル、デアデビルトリックに使われたロトグリップ中間位のカバーより数段弱い[サイクトハイブリッド]カバーを搭載しています。
ロトグリップがこれまで作った中で最も力強い転がりを見せる低RGの対称コア[マッドキャップ]と組み合わせることで、レーン前半をスキッドしバックエンドでより予測可能性の高いリアクションを見せる、荒れたコンディションには不可欠な製品に仕上がっています。

ボール軌道イメージ

DAREDEVIL DANGER

ボールテスト

DAREDEVIL DANGER

テスター石原プロ ボール総合評価

MADCUPコアはレーン手前から自然(玉なり)な直進性のある転がりと、中盤から後半にかけても転がり感は継続します。
今回もシェル素材はオイルにそれ程強くは無く曲り方もストロングアーク状な曲りでタイプにより切れも感じる事があると思います。
全体的にはミディアムドライ系のレーンに適しています。

ここがポイント

ロトグリップラインの中でも中間に位置する存在のボールですが、STORMだとハイロードよりも若干上の位置になると思います。
前作DEAR DEVIL TRICKや初代DARE DEVILはプロトーナメントでも中盤に使う方も多くなっています。
今回のハイブリッド素材でも継続した転がりで、バックエンドでもピンに寄っていく感じでした。
パールだと切れ過ぎ、ソリッドだと手前から動き過ぎでバックエンドでひと転がり欲しい時にDEAR DEVIL DANGERの存在は光る物があります。
使い勝手が本当に良く大きな曲りを求めている方は多少不満が残りますが、ストローカーには強い味方ですね。


仕様

カバーストックサイクト・ハイブリッドリアクティブ
コアマッドキャップコア
RG2.480 (15lbs)
ディファレンシャル0.041 (15lbs)
マスバイアス差
フレアMedium-High
硬度73-75
レッド/オレンジ/ブルー
表面仕上げ1500グリット・ポリッシュ
取扱ウェイト12‐16


軌道動画