ストーム ボウリング

CODE ONE

大人気のコードシリーズに「R4Sパールリアクティブ」を搭載した最新作「コードワン」が登場。適度な走りから鋭いキレを見せる!

BOWLING BRAND: STORM-ストーム
Core: RAD4 Core
Coverstock: R4S Pearl Reactive
Use: Medium Heavy, Medium
商品カテゴリー:

説明

CODE ONE コードワン

コードシリーズ最新作【コード・ワン】は[RAD4]コア本来の最大特徴である「少ない回転数でもバックエンドのシャープなキレを持つ」ボールに仕上っています。

搭載された多孔性の極めて高い[R4Sパール]カバーがレーン手前から中盤にかけて直進力を持ち、オイルパターン終了地点でのいかなる摩擦にも確実に反応し、曲り出しを安定させ、キレるボールにありがちな“暴れすぎる”マイナス面を極限まで減少させ、扱いやすさにも突出した製品に仕上がっています。

また、昨今増加している両手投げやローダウンなど極端な角度からボールを戻すアグレッシブなプレイヤーに限らず、自信を持って深くインサイドに入る為に必要な十分なトルクも兼ね備えている為、心強い味方になってくれるでしょう。

爆発的ヒットを記録した前作[コード・エクストリーム]に続き、ピンアクションは激しいの一言!です。

ボール軌道イメージ

CODE ONE

ボールテスト

CODE ONE

テスター石原プロ ボール総合評価

初めて<R4S>素材をカバーに被せたコード最新作【コード・ワン】は初代[コード・ブラック]を思い出す程のレーン手前の走りに加えて、中盤からの優れた転がり感と軸移動の大きなフレアを生む事でバックエンドでは切れ味鋭い鋭角な曲りが得られます。

この切れ感は[RAD4]コアのコードシリーズでしか味わえ無いと思います。

ここがポイント

STORM社でも2番目に強い[RAD4]コアに適度な摩擦を生み表面加工が容易な素材[R4S]を搭載し、想定通りの直進性能と安定感は抜群です。レーン手前は直進しているのですが滑る感じが
無い為、基本バックエンドで切れるボールなのですが、中盤にかけて無理なく軸移動する分、暴れる事無くポケットヒットします。パール素材の中でも投げ難さは感じないボールではないでしょうか。
コードシリーズの切れを残しつつ時代背景と共に対応しているのが良く分かります。最近のコードシリーズの中で走りと切れは一番良いのではないかと思います。ピン飛びの素晴らしさは言わなくて
も皆さん理解しているでしょう。


仕様

カバーストックR4Sパールリアクティブ
コアRAD4コア
RG2.500 (15lbs)
ディファレンシャル0.058 (15lbs)
マスバイアス差0.020 (15lbs)
フレア6インチ+
硬度73~75
チェリー/パープル/プラチナ
表面仕上げ1500グリット・ポリッシュ
取扱ウェイト12~16ポンド
フレグランスチェリー


軌道動画