Tensor Core

物理学では、テンソルが重要となる。機械設計などのエリアにおける物理学的問題を解決する数学的枠組みを提供するからだ。

テンソルコアは、非対称図に焦点を当て、相反するトルクが調和する多次元配列を形成するよう設計されている。それはY軸とZ軸の間にある僅かな非対称により、トップクラスの非対称ラインと伝統的な対称形状ラインをブレンドするより力強く、パワフルな非対称コアと位置付けられる。

この独自のコンセプトは、ストームラインにおいて多くのボウラーのニーズにフィットする。

バランスホールは必要ない。ドリラーは、このテンソルコアを、まるで特定位置にバランスホールを開けフレアを高めたようにドリルすることが可能だ。わずかな中間ディファレンシャルが、それを可能としているからだ。

1件の結果を表示中